歩行介助というものをご存知でしょうか。これは、高齢者が自身の足で歩くことができるように、介助をするというものです。普段は介護を受けずに生活をしている場合であっても、高齢者は転んでしまったりすることに、気を付ける必要があります。

転倒して骨折などをしてしまっては大変です。ちょっとした瞬間に転んでしまい、要介護度が高くなることも考えられますし、それまでは在宅で過ごすことができていたのに自宅での介護が困難になってしまうこともあるでしょう。

そうならないためにも、歩行に関する介助について知っておくことが必要です。歩行の介助では、一番に高齢者の安全が大事となります。屋内にいて靴などを履かない場合でも注意すべき点はあります。

それは、ズボンの裾を踏んでしまわないようにすることです。裾を踏むことによる転倒を防ぐことができます。履物に関しては、スリッパやサンダルなどといった所謂『つっかけ』と言えるものなどは、脱げてしまうことも考えられますし、滑ることもあるため転倒に繋がる恐れがあります。

それに、大き目のサイズを履かせることで、脱ぎ履きをさせやすいと思われがちですが、スポっと脱げてしまいやすいので、危険だということも覚えておくようにしましょう。靴は、足に合ったサイズで軽さがあり滑りにくいものを選ぶことが大事です。

また、介助をする際には自分の立つ位置にも気を付けるようにします。立つのは高齢者の脇がベストであり、腰を支えるようにして歩くのです。ただ、高齢者が前方に倒れてしまいやすい方であれば、向かい側に立つようにして肘を支えて高齢者も介助者の肘を持ちながら歩くことが適しています。

身体に麻痺がある方の介助をする場合には、麻痺のある側に立ち介助をします。もし手すりを使うなら、手すりを掴むことの邪魔にならないように、手すりとは反対側に立つようにしましょう。

相手が杖を使っているなら、杖を持っていない側を斜め後ろ側に立ちます。これで、杖がない方に体が傾いてしまうことを防ぐことができると言えます。さらに、どちらへも転んでしまうことが心配される方なら、腰部分を必ず支えるようにするか、安全ベルトを使用するといった方法があります。

歩く際には、相手の歩幅や歩調に合わせることが鉄則と言えます。人というのはそれぞれに歩き方が違うものですし、転倒する方向の見極めや、膝が崩れ落ちるようにして倒れる場合についての備えも必要になります。

介助者は、自分がリードをしていくという意識を持つのではなく、相手のペースで歩いていくということを念頭に置いて歩くと良いと思います。そして、行きたい場所まで1度に辿り着きたいと思う気持ちもあるかもしれません。

とは言え、短距離であっても休憩を取りながら進むようにしましょう。無理をして一気に進んでしまうことで、考えていなかった事故が起きてしまうことも考えられるからです。転倒し、骨折などをしてしまうと、歩けなくなってしまうことなどもあるのです。