在宅で介護をするなら、利用できる介護サービスについても知っておくことが大切です。それぞれのサービスを利用する場合には、費用について要介護認定のレベルやその有無によって変わってきます。

よって、利用をされる前にあらかじめお住まいの地域の自治体の窓口に相談して、要介護認定を受けることが賢明です。介護サービスには訪問介護があります。高齢になってくると、自身で物事を行うことが難しい場面が増えてくるでしょう。

訪問介護サービスを受けると、ホームヘルパーや介護福祉士が自宅を訪れてくれます。自宅では食事や入浴、排せつや着替え、移動をする際の介助などを行ってくれます。その他にも洗濯や料理などといった身の回りに関する生活面の援助をしてもらうこともできます。

介護のプロが自宅に赴いて、家にいながらにして介護サービスを受けるというものなのです。また、日帰りとなるデイサービスもしくはデイケアというものもあります。利用者が事業所に通っていき、専門のスタッフから食事や入浴、日常生活などの面についての支援を受けられるのがデイサービスであり、デイケアは個別のリハビリを受けることができるのです。

この頃多くなっているのは、リハビリを専門としたデイサービスです。日帰りの通所となっていますが、要介護認定を受けた高齢者が、希望に合わせて週に1度か数回ほど通っています。

事業所においては、レクリエーションを行ったりもするので、高齢者の方も生きがいを見つけることや楽しみとすることができるのも大きなポイントとなります。デイサービスやデイケアを利用すると、いつもは自宅で介護をしている方も時間を他の事に使うことができるでしょう。

そうなると、介護でかかってしまうストレスを少なくすることができるのです。事業所への移動が必要になりますので、なるべく近くや通いやすい場所で探すことが便利ではないでしょうか。

さらに、ショートステイを利用されることも一案と言えます。高齢者で要介護認定を受けた方が有料老人ホームや特別養護老人ホーム、介護老人保健施設などに数日から一週間程度入所をするというものです。

その中で食事や入浴といった生活の介助をしてもらうというものです。普段介護をしていた家族が旅行にでかけるということや、病気になってしまうなどして介護が一時的に難しい場合に利用することができます。または、介護する側の負担の軽減につながるでしょう。

主なサービスは食事などといった生活面の介護になりますが、季節色のあるイベントなども開催されるので、楽しんで過ごすことができるのです。普段は自宅にこもりがちになる高齢者の方が孤立感を感じないようにするためや、心身の機能を保つという意味でも利用をすることができると言えます。

他には、『居宅介護支援』要するにケアプランの作成と言うサービスを受けることも可能です。高齢者の方やその家族がどういった介護サービスを受けることが適切かという点についてケアプランを作ってくれるというサービスとなっています。

高齢者の方の心身の状態であったり、家族がどの様な希望を持っているのかによってプランが作られるのです。