高齢者の方も頭を洗わなければいけないということもあります。ただ、身体を拭くなら難しくはないとは思えても、頭を洗うとなるとそう簡単にはいかないとイメージされる方も多いかもしれません。

それでも、寝たきりなどの場合になっている場合はフケなども溜まってしまいかねないので、清潔感を維持していくためにも寝たままでも洗髪ができるようにやり方を知っておく必要があります。

ベッドと布団のどちらであっても、洗髪は仰向けの状態で行います。後頭部の下に洗面器を置いて、お湯で部屋を汚してしまわないようにしましょう。要するに、洗面器は美容院などで言えばシャンプー台の代わりということになります。

ベッドなら、首を安定させるために首の下に枕を入れます。そして、布団の場合は敷布団を折り返すなどといった方法で厚みを作り、頭部を高くしてあげます。それから後頭部の下に洗面器を置きましょう。

室温が低い場合には髪の毛が濡れることによって風邪をひいてしまいかねません。なので、22度から26度程度の室温に設定し、部屋を暖めておくことが大切です。それに、洗面器に汲んでおいたお湯は冷めるのが早いです。

38度から40度程度が一般的なのですが、室温次第ではより温かめのお湯を用意する必要もあるでしょう。冷めてしまうことを考え、洗髪をする直前に用意をすると良いのではないでしょうか。

洗髪には、ビニールシートや洗面器、シャンプー、そして40度ほどのお湯を用意します。洗面器にお湯を入れたら、頭が首よりも下の位置になるようにします。それから、頭皮のマッサージと共に髪を梳かします。

この際には毛先から頭皮にかけてお湯をかけてあげます。お湯が髪の毛に馴染んだならここでシャンプーをします。お湯が足りなくなることもないとは言えませんので、すすぎの際には、シャンプーをタオルで拭き取ると良いでしょう。

耳周りや襟足部分はシャンプーが残ってしまうことも考えられるので、しっかりとすすぎをすることが大事です。耳にお湯が入らないように、あらかじめ耳栓をすることも有効と言えます。

すすぎまでは終わったなら、水分を絞ってからタオルで頭髪部分を包むようにして拭いていきます。その後、ドライヤーを使って丁寧に乾かします。高齢者の方は熱いということを感じにくくなっていることも考えられるので、本来は熱くても自身で言わないこともあります。

なので、熱さによって頭皮などを損傷することのないように、20センチほど離してドライヤーを当てるようにします。また、中には水のいらないシャンプーというものもあります。これを活用する際には、まず水のいらないシャンプーを頭に付けます。

そして、頭皮をもむようにしてマッサージをしましょう。それからタオルを拭き取るだけで完了となります。今では、便利なアイテムも開発されているということです。介護の負担を軽減するためにも、こうした便利なものを利用することも一案と言えるでしょう。