介護タクシーは、介護の中でも移送を伴うものです。 移送をすることについては、介護の対象とはならないか、介護保険料をタクシー代に充てることができないのです。そういったことから、移送料金、要するにタクシー代は利用者の自己負担となります。

今は地域によって料金形態も様々ありますが、タクシーのメーター金額の全額を利用者が負担するパターンもあるようですが、業者によっては割引対応をしている場合もあります。通院等乗降介助となる1割負担(大体100円ほど)で対応していた業者もあったようですが、介護保険の1割負担のみでの移送はあまり適切とは言えません。

ある地域のケースだと、小型タクシーの初乗り料金が1キロまで520円であり、それから294メートル毎に80円ずつ加算されるという仕組みになっています。通院等乗降介助の通常時間帯(午前8時から午後6時まで)での利用料金については、タクシーメーターが520~840ならば、タクシー料金は300円となり、介護保険の1割負担分の97円を加えた397円が、利用者が実際に支払う料金となります。

午前6時から午前8時までと、午後6時から午後10時までの夜や朝の時間帯は、タクシー料金が変わることはないものの、介護保険の1割負担額が121円になります。午後10時から午前6時までの深夜時間帯の設定もあります。

しかし、深夜というと緊急時とされて利用されることも少ないと考えられること、人員的なものもあり、介護タクシーが稼働する時間帯ではないとも言えます。そして、自宅での着替えなどといった通院準備に20分以上かかる場合には、介護度にもよるものの、身体介護の範疇となります。

身体介護についても、通常は通院等乗降介助の料金体系と同じです。介護保険1割負担が245円で介護保険料が2205円です。寝台車両の料金では、タクシーメーターが620円から1220円までなら、タクシー料金が1000円、介護保険の1割負担が490円、利用者の合計負担額は1490円になります。

タクシーメーターが1820円なら、タクシー料金は1580円、介護保険の1割負担が490円、利用者の合計負担額は2070円です。メーターが100円ずつ上がると自己負担額も100円ずつ上がるというシステムになっています。

メーターに関しては、日中であっても2割増しのメーターが使われます。サービスの内容は、身体介護が1人につき2人体制になり、移送する時間を除いた自宅での介護時間を20分必要とすることが前提となっています。

利用者合計負担額に加えて介護保険料の4410円が業者側の売上金となるということです。全国的に考えてみると、貸し切りである距離制運賃体制で営業を行っている業者が多いです。

あなたの周りのタクシー会社などでも、距離制運賃の体制をとっている業者があるかもしれません。例えば、初乗りで2キロまでは介護保険の1割負担を含んだ400円であり、15キロまでは500メートルごとに100円が加算されます。

15キロ以上の場合は、超えた部分について500メートルごとに100円が加算となります。