ご高齢の方が入浴する際の方法や気を付けるべき点とはどこか

高齢者を入浴させることも、介護では大事な要素です。入浴をするということは、高齢者にとって、熱過ぎないお湯につかることで副交感神経が優位になりリラックスできると言う効果があるのです。それに、普段痛くて動かせなかった部位についても、湯船での浮力で関節などを動かせるようになるでしょう。

高齢者を入浴させる際には、基本的には半身浴で行いましょう。全身浴だと、肩まで浸かることになりますが、心臓に負担が大きくかかってしまうので控えることが大事なのです。温度についても38度から40度程度が適温となります。

身体を洗う際には、介護している側が全部を洗うのではなく、できるだけやれる分は高齢者自身に洗ってもらうことがポイントです。高齢者に、自身で洗いたいという気持ちがある場合も同様であり、背中などといった洗いにくい部分だけ介助することも一案です。

それに、入浴をする際には前もって体調に不調がないかを確認し、異常がないことを確かめて入浴をするようにします。なので、入浴をする前には体温や脈拍、血圧を測るようにして正常であることがチェックできてから行うようにしましょう。入浴ではリラックスができるという利点もありますが、危険がないというわけではありません。

高齢者の入浴での危険性についてもしっかりと把握した上で入浴の介助をする必要があります。高齢者の入浴では、『ヒートショック』に一番気を付けなければいけません。これは暖かかった場所から突然寒い場所に移った場合に起きてしまいます。

急に温度が変わることで血圧も変化するために、死亡事故へと繋がってしまうことも考えられるのです。では、ヒートショックはどの様にして防止するべきなのでしょうか。それは、やはり浴室と脱衣所の温度を一定にするということです。

季節としては、特に冬期には気を付けることが大事です。入浴をする前に、浴室を温めておくなどといったことをしておくことも必要です。さらに、一番風呂も注意をしましょう。一番風呂に入るとすれば、まだ浴室が暖かくなっていないことが考えられますし、これがヒートショックに繋がるからです。

そして、浴室は床が滑りやすいのが特徴です。なので、転倒にも注意をすることが大事です。高齢者は身体のどこかが痛いということもあり得ます。浴室に移動をするとき、浴槽に入るときなどに身体が思ったように動かないことから、転倒してしまうパターンもあるのです。

高齢者は、強引に入浴させようとすると、かえって入浴をしたがらなくなってしまうことがあります。そういったことから、最初にお風呂への興味を抱かせることを目的として、高齢者がお風呂に入りたくなるような声掛けをしながらお風呂に誘うという方法が適しています。

お風呂場で利用できる、介護のための便利グッズもあります。取り付けが簡単な手すりや折り畳みがスピーディーに行えるひじ掛け付きの椅子、滑り止めの付いたシートなど、転倒防止などに役達ものがあるので、利用してみてはいか
がでしょうか。

頭部も清潔に!洗髪は寝たままでも行うことが可能

高齢者の方も頭を洗わなければいけないということもあります。ただ、身体を拭くなら難しくはないとは思えても、頭を洗うとなるとそう簡単にはいかないとイメージされる方も多いかもしれません。

それでも、寝たきりなどの場合になっている場合はフケなども溜まってしまいかねないので、清潔感を維持していくためにも寝たままでも洗髪ができるようにやり方を知っておく必要があります。

ベッドと布団のどちらであっても、洗髪は仰向けの状態で行います。後頭部の下に洗面器を置いて、お湯で部屋を汚してしまわないようにしましょう。要するに、洗面器は美容院などで言えばシャンプー台の代わりということになります。

ベッドなら、首を安定させるために首の下に枕を入れます。そして、布団の場合は敷布団を折り返すなどといった方法で厚みを作り、頭部を高くしてあげます。それから後頭部の下に洗面器を置きましょう。

室温が低い場合には髪の毛が濡れることによって風邪をひいてしまいかねません。なので、22度から26度程度の室温に設定し、部屋を暖めておくことが大切です。それに、洗面器に汲んでおいたお湯は冷めるのが早いです。

38度から40度程度が一般的なのですが、室温次第ではより温かめのお湯を用意する必要もあるでしょう。冷めてしまうことを考え、洗髪をする直前に用意をすると良いのではないでしょうか。

洗髪には、ビニールシートや洗面器、シャンプー、そして40度ほどのお湯を用意します。洗面器にお湯を入れたら、頭が首よりも下の位置になるようにします。それから、頭皮のマッサージと共に髪を梳かします。

この際には毛先から頭皮にかけてお湯をかけてあげます。お湯が髪の毛に馴染んだならここでシャンプーをします。お湯が足りなくなることもないとは言えませんので、すすぎの際には、シャンプーをタオルで拭き取ると良いでしょう。

耳周りや襟足部分はシャンプーが残ってしまうことも考えられるので、しっかりとすすぎをすることが大事です。耳にお湯が入らないように、あらかじめ耳栓をすることも有効と言えます。

すすぎまでは終わったなら、水分を絞ってからタオルで頭髪部分を包むようにして拭いていきます。その後、ドライヤーを使って丁寧に乾かします。高齢者の方は熱いということを感じにくくなっていることも考えられるので、本来は熱くても自身で言わないこともあります。

なので、熱さによって頭皮などを損傷することのないように、20センチほど離してドライヤーを当てるようにします。また、中には水のいらないシャンプーというものもあります。これを活用する際には、まず水のいらないシャンプーを頭に付けます。

そして、頭皮をもむようにしてマッサージをしましょう。それからタオルを拭き取るだけで完了となります。今では、便利なアイテムも開発されているということです。介護の負担を軽減するためにも、こうした便利なものを利用することも一案と言えるでしょう。

体は定期的に拭いて清潔を保つことがポイント!

親の介護をする際には、清潔さにも気を配る必要があります。高齢者は頻繁に入浴ができないこともあるかもしれません。そういったときには、身体を拭いてあげることが大事です。

これを『清拭(せいしき)』と言いますが、ただ身体の表面の汚れを取るということばかりではなく、マッサージ効果も得られることから血行促進にも繋がるのです。それに、身体を拭いてあげる際に部位を動かすことになるので、関節が硬くなってしまうことを防ぐことが可能になるでしょう。

身体を拭く際の準備としては、熱めのお湯と4、5枚程度のタオルを用意しましょう。タオルの1枚は乾拭きに使います。そして、身体を覆うためのバスタオルも必要です。それからビニール袋や拭き終わった後の着替えも忘れてはいけません。

清拭を行う場合に気を付けるべき点は、時間帯も大切です。できるだけ日中に行うことが好ましいでしょう。それは、日中の方が暖かいからです。もし室内が寒いのであれば、23度程度に調節をすることも必要と言えます。

清拭を受ける本人の顔色などを見て体調が良い時に行うことも大事です。清拭は、通常はタオルを使って行うことになっています。まず、タオルをお湯で濡らして絞ります。こうしてホットタオルを作ったなら、身体を拭いていきましょう。

汚れを拭い取ったタオルはビニール袋に入れておきます。拭いている間にタオルが広くなってしまわないようにすることも大事です。順番は、最初に顔を拭いて手や腕、そして胸やお腹、背中、そして足という手順になります。

心臓に向かうようにして、優しく撫でるようにして拭くことがポイントであり、拭いていない部分は身体が冷えない様にタオルをかけたり服をかけてあげると良いです。最初に拭く顔や首については、中央部分となる目頭から目尻に向けて拭いていきましょう。

それから額や鼻を拭き顎部分を口から外側に向けて拭いていきます。首は汚れや垢などが溜まりやすいので、丹念に拭くことが大事です。腕や手に関しては、手から肩に向けて拭きます。

拭きやすくするために、力を入れ過ぎないように手首を持つと良いと思います。胸部や腹部に関しては、胸は円を描くようにして拭き、腹は臍がある辺りから円を描くように拭きましょう。

女性で胸が大きい場合には、下の部分が汚れやすいことが考えられますので、念入りにふくことがポイントとなります。背中からお尻を拭く際には、体位を変えるようにします。お尻の上辺りは床ずれが起きてしまう可能性が高い部分です。

なので、マッサージをして血行促進に務めましょう。両足については、片足ずつ膝を曲げつつかかとやくるぶしを拭きます。床ずれになりかけていて赤くなってしまっている箇所は、皮下組織が傷ついてしまっていることが考えられます。

よって、軽く触れる程度に拭くことに留めましょう。床ずれになりかけている所には触れないことが大事です。ワキや臍、ひざ裏など汚れやすい部分は色々とあることも覚えておきましょう。

環境も大事!介護をするにはどんな住宅に整えることが必要か

自宅で介護をするとすれば、環境も大事になってきます。要介護者になると、自宅の中を自由に移動することができなくなることがあります。これまでと同様の生活がし辛くなるということです。

よって、自宅で転倒してしまうという事故も多く発生しています。こうした事故というのは、段差があることや階段や浴室に手すりが付いていないことから起こってしまうことがあります。

要するに、住宅が高齢者の介護に向いた設備が整えられていないということです。自宅での介護は、環境を整えることが質を高める要因となっています。なので、自宅で介護をするなら、住宅を改修することも考えていく必要があると言えます。

高齢者の方は、住み慣れている自宅であっても転倒の危険性は高くなります。自宅の中では、特に浴室や階段での転倒賀多いと言えます。こうした事故が起きてしまうのは、高齢者の判断力が低くなってきたことによるものだと考えられてしまうことがあります。

しかしこれは、実際は身体能力が低下しているために起きてしまうのです。健康な人が住む家には手すりもついていなければ、段差もあるものです。こうした環境は高齢者には適していないでしょう。

環境を整えるためには、それぞれの場所で確認すべき点があります。廊下や玄関は、高齢者であっても外出に差支えがないようにする必要があるのです。廊下の手すりも移動の補助となりますし、歩く際の障害になるような物が置かれていないかも大事なポイントです。

トイレに関しては、その設備が排せつの際に大事になってくるでしょう。ドアを引き戸か外開きにするようにして、便器も洋式が好ましいです。手すりも付けるようにしましょう。浴室に関してもチェックが必要です。

出入り口や浴槽の広さが十分にあるかも見逃せない点です。段差もないでしょうか。滑って転倒してしまうことを防ぐために、足場は滑らないものにすると良いです。改修の方法としては、まずバリアフリーにして段差をなくします。

高齢になれば、身体の機能も衰えてきてしまうため、僅かな段差も乗り越えることが一苦労になってしまいます。なので、段差をなくすことで躓いて転んでしまうことを防止することができるでしょう。

車椅子が必要だという場合には、玄関の段差も解消させなければいけません。介護をするなら、やはり手すりが必要になります。取り付ける場所は階段や廊下です。自宅の中を歩く際の助けとなってくれると言えます。

例え廊下で体勢を崩してしまったとしても、手すりがありそれに掴まることができたなら、転倒する危険性も低くなるでしょう。さらに、床材を滑り止めになっているものを整備することも、有効です。

これは、介護をする側もされる側にも効果があると言えます。ただ、こうした改修工事をするとなるとお金がかかってしまいます。そんな時には、介護保険を利用すると言う手段もありますので、ご利用になってはいかがでしょうか。

1 7 8 9 10