おむつを付けることこともある!おむつはどうやって付けるのか

在宅で介護をするとなると、おむつを使うシーンも出てくるでしょう。在宅で介護をしていく方なら、おむつをどの様にして着けるのかを知っておかなければいけません。大人が使うおむつには種類があり、着け方も種類によって違うのです。

そういったこともあるので、その種類を把握したうえでどのおむつを使うのかを決めることが先決です。おむつは、どの様な役割を果たしてくれるのかを知り適切に使うことが大事です。

外側のおむつと尿取りパッドを一緒に使うことによって、取り替える時にかかる負担も少なくなりますし、経済面としても負担を軽減することができます。外側にあるおむつは、足回りについている立体ギャザーが尿が漏れないように止めてくれています。

尿取りパッドについては、尿を吸収してくれるでしょう。おむつを重ねて使っている方は、尿が漏れてしまったと言うケースが少なくないので、こういったことは介護上の負担となってしまうものです。

おむつを誤った方法で使ってしまうと、尿が漏れてしまう危険性がありますし、介護をされる高齢者も不快になってしまいますし、介護をする側により負担となってしまうのです。ここで、一般的なテープタイプのおむつをどのようにして着けるのかを把握していきます。

まずはおむつを丹念に広げ、全体的に縦に引っ張りしわ伸ばしをします。段差があることで床ずれになってしまうことを防ぐためもあります。パッドを一緒に使うなら、広げたおむつの上に広げて重ねます。

パッドのギャザー部分とおむつのギャザー部分が合うようにする点がポイントです。横向きに寝かせておむつの中央のラインと背骨を合わせましょう。中央のラインがおむつにないなら、腰部分にあるギャザーを背骨に合わせます。

上にあるテープがウエスト部分になるように合わせるのです。それから、反対側のおむつを出してから続いて反対側を向かせます。おむつを半分ほど持ち徐々に上に引き上げます。力づくで引っ張ってしまうとテープが切れることがあります。なので、手を添えてから反対を向かせることが大事と言えます。

上を向いてもらい引き上げつつ、たるんでいる部分を伸ばしていきましょう。左右にあるテープが対称となっていることをチェックしたなら、上を向き仰向けで寝かせます。次にはパッドを取り付けます。

両サイドにギャザーが付いていますが、それをきっちり立たせて宛がいます。宛がったなら、左右に引っ張り広げます。この際には上に引っ張ることはNGです。パッドが宛てられたなら、テープタイプのおむつも鼠蹊部に入れるようにして宛てましょう。

上手にあたったならテープで止めます。下から順に止めていくことが大事なポイントとなります。上からだと股の部分に隙間を作ってしまうからです。中央のラインを中心にして、左右のテープが対称となっているかを最後にチェックをします。

フラットタイプの場合は、おむつカバーと共に使うことになります。ギャザーもないため自身でギャザーを作り横から尿が漏れることを防ぎます。

自力での排せつも必要!そんな時の対策テクニックについて

自力で排せつが可能な高齢者なら、なるべくならトイレに行って排せつをさせてあげるようにしたいものです。介護では、自身でできるなら自分でやってもらい、できないことのみを手伝うと言う点が基本となります。

それは、トイレの介助も同じなのです。トイレまで移動することを介助する場合には、寝室をトイレの近くにすること(本人や介助者の負担を軽くする目的)や手すりや杖、歩行器を使うことで、なるべく自身の力で歩いていくのです。

自身で移動するためには、手すりにつかまりながら歩くという方法があります。介助をするだけで歩いて行けるという方なら、トイレまでの道のりに手すりを付けておくと移動が円滑に行えるようになるでしょう。

自宅で転んでしまうことを防ぐために手すりを付けるなら、介護保険を工事代に適用させることができます。ちなみに、手すりはわざわざ壁に設置するのではなく、置くだけで大丈夫だという手軽なものもあります。

その場合もレンタルに介護保険を使うことができるのです。自宅の環境などにマッチしたものを選ぶことが大事と言えます。介護をする側は、隣に付き添い滑ってしまったり転ばないように確認をしつつ進んでいくようにします。

また、杖を使うと言う方法もあります。もし高齢者が片足に力を入れられないなら、杖と手すりを一緒に使うことが必要です。不自由な足の代わりに杖が活躍してくれますので、手すりに掴まりつつゆっくりと前に進むのです。

三点歩行と二点歩行というのが杖にはあるのですが、種類にもT字や三脚点に四脚点、ロフトストランドなどといったものがあります。これも介護保険を使ってレンタルをすることができるでしょう。

利用する杖は、体がどういった状態であるか、そして杖の使いやすさ、安定をするかなどをチェックして選ぶことが一案です。介護をする側は、杖を使って歩く高齢者の隣に付き添い、滑ってしまったり転ばないように見守ります。

杖のグリップ部分はいつの間にか摩耗してしまうことがあります。なので、介護をする人が常々確認をして、摩耗してきているなら交換をすることも必要です。高齢者の足が前になかなか出辛いなら、歩行器を使うことがおすすめです。

杖よりも安定する点がメリットです。体をぐるりと囲むような作りであり、立ったままの状態を保つことができますし、安定感もあります。それに、歩行器を持ち上げる動作で進む形式のものならば、上腕の筋肉も鍛えられるでしょう。

歩くことがままならないということや、不自由であると言う場合なら、トイレまで車いすを使うという方法をとることが考えられます。車いすは自走式と介助型があるものの、自分で排せつができるなら、車いすの操作も自分でできると考えられるので、トイレまで自分で車いすを使って移動をすることもできるのではないでしょうか。

車いすも介護保険を使ってレンタルをすることができますので、安価に利用することができる可能性もあるでしょう。自宅内で車いすを導入するなら、自宅の改修も必要になることも考えられることも覚えておきましょう。

トイレも重要!排せつ介護のポイントなどはどんな点か

排せつの介助も、高齢者介護の中では大事なポイントとなるでしょう。排せつの介助をする際に気を付けるべき点は、まず高齢者のプライドを傷つけないようにするということです。

1人で排せつができないとは言え、誰でも他の人に下の世話をしてもらうとは快くはないと思います。それは介護をしてもらう相手が家族であっても同じかもしれません。恥ずかしいという気持ちもあるでしょうけれど、こうなってしまった自分自身が情けないなと思ってしまうのです。

なので、排せつの介助をするときには、なるべく高齢者のプライドを傷つけないように気を配ることが大事なのです。その中でも声掛けの言葉には十分注意をする必要があります。余計に急かしてしまうことや、じれったいからといって文句を言うことは避けましょう。

悪気はなくても、その言葉によって介護を受ける高齢者は大変なショックを受けてしまうことにもなり得るからです。それに介護をする側に楽さはあるとしても、自力で排せつができるならおむつを穿かせることは控えることが大事です。

必要であればパッドを用いることや、リハビリパンツを用いることが大事です。高齢者自身がなるべく自分で排せつができるようにするために、トイレ内の環境を作ってあげることも必要です。

手すりを付けることも一案ですし、トイレアームを置くなどの介護用リフォームをするのであれば、介護保険が適用となります。手すりを取り付けるなら、介護を受ける本人が立ち会って使いやすい位置に設置をするようにしましょう。

これまで浸かっていた便器に取り付けて使うことのできる、補高便座もしくは腰掛便座などは、条件が設定されてはいますが、介護保険の適用があります。もしご本人の手が不自由なのであれば、ロールではなくチリ紙のタイプとなっているトイレットペーパーの方が使い勝手が良いケースがあります。

その他にもウェットティッシュを置いておくと便利です。ご本人の下着についても、上げ下ろしのしやすいものを穿かせることがポイントです。それに、手元や足元が見やすいように、明るい照明に変えることも手段の1つです。

こうすることで、安全性が保てますし安心できます。トイレに頻繁に連れていくことは大変でしょう。そのため、なるべくトイレに行かなくても良いように、ということで水分を摂ることを減らすことは賢明ではありません。高齢者は身体の運動量は落ちるかもしれないでしょう。それでも、水分は尿や汗として排出されるものです。夏場の場合は特に気づかないでいたら、いつの間にか脱水症状になってしまっていたというケースも考えられます。

そういったことから、水分の摂取量についてはきちんと把握しておくことが大事と言えます。とは言え、利尿作用のあるコーヒーや緑茶などは適していません。年齢を重ねていくと、尿意や便意に気づきにくくなることがあります。

よって、出たくなって間際まで我慢してしまう方も少なくありません。そうなると失禁をしてしまうことがあるのです。なるべく頃合いを見てトイレに誘うことなどがポイントになります。

間に合わない!トイレについての対策についても知ろう

介護の中でも、排せつの介助をすることは手間がかかる作業です。それに、介護をしている側の方も、排せつの介助は大変だと感じられている方が多いのです。排せつの介助をすることは、1日のうちで何回にもわたります。

要介護の度合いによっても変わってくるのですが、その中でも認知症になっている場合はトイレ以外の場所にしてしまうことや、便に触れてしまうこと、おむつを自分で勝手に外してしまうといった行動をとるようになり、介護者にとっても大きな悩みとなっているのです。

認知症になっているわけではなく、単に排せつをするのがトイレまで間に合わなかったということであれば、本人のプライドがとても傷ついてしまいます。それに、環境が悪くなってしまうことも考えられますし、臭いの面でも問題が出てきてしまうものでしょう。

1日でのトイレの回数やどの程度の間隔で行くかという点は、決まっていることが多いです。最初に数日の間メモをとるようにして、どの様な傾向であるかをチェックしておきます。排せつの周期を作るのと共にトイレに行きたい時にはどういったサインを出しているのかという点も見逃さないことが大事です。

普段の動作もしくはしぐさなどから、介護をする側がトイレに行きたがっているのだというサインを感じ取ることができれば、トイレに間に合わせてあげることができるということです。

トイレに行きたい時にはどういったサインが出やすいかと言うと、落ち着きがなくソワソワとしているように見えることや、目が泳いでしまっていることもあるでしょう。それに、何かを言いたげにしていることもあるかもしれません。

頃合いを見て定期的に声をかけてあげると、トイレでの失敗が減るのではないでしょうか。水分を多く摂った場合には、特に間隔が短くなることがあるので、注意が必要です。それに、週に2、3回は訪問介護の方に来てもらい、排便について調節をしているというケースもあるので、ケアマネジャーに相談してみることも一案です。

頻繁に高齢者に声をかけるようにして、幾らか時間が経ったなら本人がトイレに行きたくないと言ったとしても、トイレに連れていくことが大切です。例え尿意をもよおしていなかった場合でも、トイレに行き便座に座ったなら少なからず出ることでしょう。

声をかけるタイミングとしては、朝起きた時や朝食を食べて身支度を整え終えてからが良いです。それ以外には、昼間であれば2時間から3時間置きほど、そして寝る前にも行っておくことは大切です。それでも、あまりにもこまめに声をかけすぎると、相手のプライドが傷ついてしまうこともあります。

よって、自分がトイレに行くから一緒に行かないかなどといったようにさりげなく誘導をすることがポイントです。トイレに行ったとしても、ズボンや下着を下ろすのに手間取ってしまい、間に合わなかった…ということも起きてしまうことがあります。

そういったことにならないように、ゴム状になっているウエストのものなど、上げ下げがしやすいズボン等を着用させることも必要です。夜中に目を覚ますことで、1人でトイレに行こうとして失禁に繋がることもあります。

そういったことを防ぐためには、デイケアに通うことなど日中に動くようにさせて、夜中にはぐっすりと眠れるようにすることが大事です。

1 6 7 8 9 10