歩行を助けてくれる!その杖はどうやって選ぶのか

歩くことが少し不自由になってきたなら、杖を使うと言う手段があります。杖は体を支えてくれる役割を果たします。高齢者の足の長さほどであり、手で持つことに向いていると言えます。

多くは木製のものとなっていますが、象牙や金属でできているものもあります。この杖は、元は農具であったともされています。さて、杖にはどういった役割があるのでしょうか。まず、足は2本ありますが杖が3本目の足となってくれて、歩行を安定させることができます。

また、支える面が広くなる点もポイントです。杖をつくと面積が広くなるので、足を開いて立っている時よりもさらに安定させられるでしょう。杖には様々に種類があることも覚えておく必要があります。

まず、シャフトとグリップ部分が繋がっているのが、一本杖です。グリップには色々と種類がありますし、高級木材を使った品は一本杖であることが多いです。長く使っていくことができるでしょう。

折り畳みの杖は、シャフトが4つから5つほどに分かれています。このシャフト部分をゴム紐やワイヤなどを使い連結させて使う商品です。バッグなどに収納して持ち歩くことができますので、旅行にも適しています。

組み立てなども難しくないので安心です。ロフストランド杖は、杖の上部が握る部分の上まで伸びる設計になっていて、前腕カフが設けられているので、腕を通して固定できる杖です。

握り部分と前腕の2つの点で支えることになるので、腕の力が使えるものの握力が少ないと言う方にもうってつけの杖ではないでしょうか。半身麻痺や骨折している状態でも使用が可能となっています。

杖を選ぶとしたら、ポイントは軽さがあって丈夫なものを選択したいものです。杖が重くて安定しないというのであれば、痛みがあったり故障のある足を支えることはできないでしょう。

杖は軽くてしっかりとしたものが一番安心して使えるのです。また、長さも大事であり身長にマッチしたものを選ぶようにします。杖の長さが合っていなければ、使ったとしても安定しないために危険なのです。

どの長さが適しているかについては、専門ショップの方などに聞いてみることが良いと言えます。さらに握る部分であるグリップは、握りやすいものが適しています。大き目のものもあれば小さめのものもありますので、その人に合ったものを選ぶようにします。

選ぶ際には、使う本人が実際に握ってみることが大切でしょう。杖は福祉用具貸与の対象となっています。よって要支援1以上の方は1割の負担でレンタルをすることができます。レンタルをしたい場合には、地域包括センターもしくはケアマネージャーに相談をすることが大事です。

とは言え、全ての杖が福祉用具貸与の対象というわけではないということも知っておく必要があります。購入を検討されるなら、その前に対象となっているかどうかを確認してからにすることが一番ではないでしょうか。

価格帯も色々ありますので、バラエティに富んだ選択肢の中から選ぶことができるでしょう。

歩行介助はどうやってするの?そして気を付ける点とは

歩行介助というものをご存知でしょうか。これは、高齢者が自身の足で歩くことができるように、介助をするというものです。普段は介護を受けずに生活をしている場合であっても、高齢者は転んでしまったりすることに、気を付ける必要があります。

転倒して骨折などをしてしまっては大変です。ちょっとした瞬間に転んでしまい、要介護度が高くなることも考えられますし、それまでは在宅で過ごすことができていたのに自宅での介護が困難になってしまうこともあるでしょう。

そうならないためにも、歩行に関する介助について知っておくことが必要です。歩行の介助では、一番に高齢者の安全が大事となります。屋内にいて靴などを履かない場合でも注意すべき点はあります。

それは、ズボンの裾を踏んでしまわないようにすることです。裾を踏むことによる転倒を防ぐことができます。履物に関しては、スリッパやサンダルなどといった所謂『つっかけ』と言えるものなどは、脱げてしまうことも考えられますし、滑ることもあるため転倒に繋がる恐れがあります。

それに、大き目のサイズを履かせることで、脱ぎ履きをさせやすいと思われがちですが、スポっと脱げてしまいやすいので、危険だということも覚えておくようにしましょう。靴は、足に合ったサイズで軽さがあり滑りにくいものを選ぶことが大事です。

また、介助をする際には自分の立つ位置にも気を付けるようにします。立つのは高齢者の脇がベストであり、腰を支えるようにして歩くのです。ただ、高齢者が前方に倒れてしまいやすい方であれば、向かい側に立つようにして肘を支えて高齢者も介助者の肘を持ちながら歩くことが適しています。

身体に麻痺がある方の介助をする場合には、麻痺のある側に立ち介助をします。もし手すりを使うなら、手すりを掴むことの邪魔にならないように、手すりとは反対側に立つようにしましょう。

相手が杖を使っているなら、杖を持っていない側を斜め後ろ側に立ちます。これで、杖がない方に体が傾いてしまうことを防ぐことができると言えます。さらに、どちらへも転んでしまうことが心配される方なら、腰部分を必ず支えるようにするか、安全ベルトを使用するといった方法があります。

歩く際には、相手の歩幅や歩調に合わせることが鉄則と言えます。人というのはそれぞれに歩き方が違うものですし、転倒する方向の見極めや、膝が崩れ落ちるようにして倒れる場合についての備えも必要になります。

介助者は、自分がリードをしていくという意識を持つのではなく、相手のペースで歩いていくということを念頭に置いて歩くと良いと思います。そして、行きたい場所まで1度に辿り着きたいと思う気持ちもあるかもしれません。

とは言え、短距離であっても休憩を取りながら進むようにしましょう。無理をして一気に進んでしまうことで、考えていなかった事故が起きてしまうことも考えられるからです。転倒し、骨折などをしてしまうと、歩けなくなってしまうことなどもあるのです。

すぐに座りたいという方への対処法とはどんなものだろう?

高齢となり、あまり外出をしないという傾向になることもあります。そうなると家にばかりいるようになってしまい、生きることの意欲が薄らいでしまうことや、身体能力も低くなってしまうことも考えられるでしょう。

そして、認知機能にまで影響が出てくることもあるのです。気持ちとしては、外出がしたいと思っていたとしても、外に出てもすぐに座りたくなってしまうから…と外出をすることに消極的になってしまいます。

他の人が付き添ったとしても、すぐに座りたいと言ったり、それなのに座れる場所がないということでは、困ることもあるものです。では、なぜ高齢者はすぐに座りたいと言うのでしょうか。

これは、認知症であることもポイントになります。認知症が進んでいくと足腰まで弱ってしまうということがあります。認知症の進行を遅らせるためや、身体機能の維持のために散歩にこちらが誘ったとしても、なぜ出かけるのかという意味がわからないと、嫌がったりすることがあるでしょう。

それならば、花を観るために公園に行くということや、買い物に行くなどといった風に、なぜ行くのかという目的を先に伝えることで対処ができます。認知症であれば、痛くて座りたいのにそれを伝えることができないということもあり得ます。

座りたがる回数が多いと気づいたら、体調に変化はないか、いつの間にか怪我をしてしまってはいないかなどもチェックをすると良いです。健康の面で不安があることや、体力が衰えてきたと自身で感じることから、すぐに座りたがってしまうこともあります。

電車に乗る際などに座りたいと言うことも、この点が原因です。誰かが介助のために付き添うと、高齢者の不安もある程度払拭できることでしょう。体力面では、自宅において体操をするなどして段々と歩ける距離を増やしていくことや、速く歩けるようにするという手段もあります。

それでも、いきなり体力が落ちたと言う場合には注意をしなければいけません。病気などといった要因はないか、医師に相談をすることも大事です。歩いていて、座りたがる場合の対策としては、前もって散歩をする場所や外出する先に座れるポイントがあるかどうかを探しておくことが適しています。

もしかしたら、ベンチなどには座れないこともありますので、お尻に敷けるタオルなどの準備があると便利です。歩くなら、靴や服装も大きなポイントになります。靴は足に合うものが良いので、そうしたものを履くだけでも座りたがる回数を減らすことが可能になるでしょう。

服装についても動きやすいものを選ぶことが大事です。歩く際の疲れなどを減らすことができ、歩行の自立を促すならば福祉用具を使うこともうってつけです。オシャレな杖などを愛用することも一案ですし、シルバーカーを押して歩くことも楽に歩く一助となってくれるのではないでしょうか。

シルバーカーならば、疲れたらそのものに座ることができますし、大変に便利です。

移動する際はここもポイント!靴の脱ぎ履きの注意点とは

高齢になってくると、手先を使う作業がしにくくなってくることで、靴を履くと言う行為も面倒になることや、苦手意識を持ってしまうことがあるものです。そういったことから、外出をしたくなくなってしまうこともあるかもしれません。

とは言え、高齢者であっても外出をして歩くと言うことはとても大切です。できるなら、1人でも歩けることが理想と言えるでしょう。そのためには、自分で靴が履けるように工夫を凝らすと言う方法があります。

手先を使った細かな作業が苦手になると、すぐさまできないということで、やってもらおうとする方もいることも考えられます。それでも、本人ができないと言ったとしても、全て補助してあげる必要はないと言えます。

もしできないからということで何でもしてしまえば、高齢者は頼むことによって何でもしてもらえるのだと思い、自分ですることを止めてしまいかねないのです。なので、高齢者が少しでも自立できるように、自分自身で行えるように工夫をしてあげることがポイントになります。

どういった工夫かと言うと、全てではなく一部分のみ手伝うということなどが当てはまるでしょう。相手はどういったことができるかを考えて、行えるようにしていくことが賢明です。

靴の脱ぎ履きについては、自分でできるようにするなら、介護靴やリハビリシューズがおすすめです。通販などでも販売していますし、マジックテープ仕様になっているものもあるため、履きやすいと言えます。

屋外用の介護靴は、幅が広いという特徴があり、履き口も足を入れやすい作りです。軽さや靴底のクッション、通気性などに拘って作られているのです。介護靴は屋内用のものもあります。

自宅の中で転んでしまうことなどが心配である方などには特に適しているでしょう。脱ぎ履きの点で手軽さがあることから、デイサービスを訪れた際に履くのも利用の手段となります。

滑り止めが付いているものを選ぶことが大事であり、つま先部分が上に少し反っているタイプだと、躓く心配も減ります。それでも、多くが防水になっていないので、その点については注意をしましょう。

足に腫れやむくみのある方は、足を締め付けることのない足先などが柔らかいタイプが適しています。このタイプなら、外反母趾やリウマチで変形してしまい痛む方でも安心して履くことができます。

また、高齢者も足元のオシャレを楽しみたいという方もいるかと思います。そういった方なら、地味なデザインではなく、履きやすい上にデザイン性のあるオシャレな靴を選ぶのも一案です。

女性なら、花柄の靴などはいかがでしょうか。さらに、靴の脱ぎ履きをする際の環境を整えることも忘れてはいけません。玄関には手すりがあると安全ですし、段差をなくすための踏み台を設けることもポイントです。

踏み台があると、足腰への負担を減らすことができますし、転倒を防ぐことにも繋がるのです。高齢者も少しでもアクティブに過ごせるように、工夫をしていきましょう。

1 4 5 6 7 8 10