認知症の徘徊は近所同士で守っていくことが大事!

認知症になると、徘徊をするようになることがあります。しかし、この徘徊によって行方不明になってしまう方や、痛ましい事故に遭われる方もいます。それはとても悲しいことですが、ご自身の親がもし徘徊をすることになったときのために、対応について考えておかなければなりません。

まず、なぜ徘徊をするのかと言う点について探ってみましょう。アルツハイマー型であれば、記憶障害であったり『見当識障害』といって時間や場所、人がわからなくなってしまうことが原因です。

歩いていても道がわからなくなってしまうことで、行方不明になるのです。なぜそういったことが起こるのかというと、それは自分がどこにいるのかがわからないことなどによる不安や、周りに必要とされていないのかもしれないと寂しく考えてしまうことに起因していると言われています。

例えば、亡くなっている友人などに会いたいと考え行動に移そうとすることもありますし、主婦をしていた頃を懐かしんでか、買い物に行こうとすることがあります。その他にも、今住んでいる場所を自宅だとわからずに、以前住んでいた家に戻ろうとするパターンもあります。

夕暮れ時の時間帯になると、帰りたいという気持ちが強く出てきて、徘徊をしてしまうことが多く見受けられます。対処法としては、最初から咎めるような言い方で行動を遮ることは良くありません。

高齢者の方としては、自分なりに目的があり外出をしようとするからです。なので、家族の方は以前と変わらないくらいに落ち着いて対応することが大事です。本人が出かけたなら、気づかれないように後ろからついていくようにします。

そして、良いタイミングで何気ない風で偶然を装い、一緒にご飯を食べようなどと促しましょう。本人が自由に行動をすることができるとわかったなら、きっと気持ちも落ち着くかもしれません。

ただ、家族の方も仕事などで家を空けることもあるかと思います。そういったときには、色々な場所に外出をさせることも手段です。散歩に行くのでもいいですし、お茶をしたり食事、買い物でも良いでしょう。

一緒に出られない場合は、ホームヘルパーの方などに頼んでみるという方法があります。外出をする機会があると、閉じ込められているという気持ちも薄れるので適しているのです。

また、外出先は近所のお店や商店街にすることも大事です。そして、お店の方と知り合いになっておくようにして、高齢者本人をお店の方に紹介します。それから、後で連絡先を渡して迷子になりやすいことや、1人で歩いているのを見かけたら教えてもらえるように頼むようにしましょう。

さらに、自宅の住所や連絡先が記されている名刺を用意することも一案です。その名刺をバッグや財布の中に入れておくのです。そして本人にも知り合いに渡してといって持たせます。

全く知らない方に渡してしまう可能性もないとは言い切れませんが、もし迷子になってしまった場合に役立つのではないでしょうか。認知症の徘徊への対策にはこの様に周囲の協力も必要になってくるということです。

治らないわけではない!?手術で治せる認知症もある

介護をする対象者が認知症を患うこともあるでしょう。認知症は根本的に治療をすることはできないと言われることもあります。それでも、認知症の種類によっては、手術によって治療をすることができる可能性もあるものもあることをご存知でしょうか。

認知症の中では、アルツハイマー型のものが有名かと思います。とは言え、アルツハイマー型の認知症は認知症の中の半分ほどの割合を占めるだけに過ぎないのです。そういったことから、認知症というとアルツハイマー型であり、治ることがないと考えるのはまだ早いということです。

認知症には、『特発性正常圧水頭症』からきているものもあります。この症状は、頭蓋の中に水が溜まってしまうことにより、脳室が大きくなってしまうものです。脳というのは、いつも髄液に浸された状態にあります。

脳室において髄液が作られていて、脳や脊髄の周りを巡っています。しかし、何か問題が起こり滞ってしまうことで、脳室が大きくなってしまうことが起こります。この状態になることで、髄液の巡りが悪くなってしまうことや、吸収が悪くなることがあるということです。

こうした症状は、くも膜下出血や髄膜炎になった後に起きやすいのですが、高齢者であればなぜそうなるかわからないままに、脳室が大きくなっていってしまうことがあるのです。そうした中で徐々に髄液が溜まっていくことで、状態は悪化してしまうことがあります。

『特発性正常圧水頭症』では、認知症の他にも歩行障害や脳失禁(尿を漏らしてしまう)などが起こってしまいます。髄液の流れを改善させるためには、『シャント術』というバイパス手術を行うことが有効です。

この手術により、歩行障害などの改善を見込むことが可能です。ただ認知症については、早めに治療をすることが大きなポイントです。早ければ、それだけ回復できる可能性が高いので、いつもと違う様な気がするなど、気になる点があったなら、まずは専門医に診てもらうことが大事です。

また、脳虚血と言い血管が細くなることで脳に血流が届かない状態も、認知症に繋がります。脳卒中を起こした後に認知症になることがあることも覚えておきましょう。3か月から1年ほどは気を付けなければいけません。手足に痺れを伴うなどの点が、アルツハイマー型とは異なります。

さらに、頭部に外傷を負った後に起きる『慢性硬膜下血腫』も十分に注意が必要です。頭蓋骨の内側の硬膜に徐々に出血が起き、血腫ができることを言います。脳が圧迫されてしまうほどに出血が多くなることで、認知症を発症することがあります。

出血の原因となる頭をぶつけるなどの事故が起きてから、数週間から数か月後に発症するでしょう。頭が痛くなるなどの症状があるなら注意をすることが大事です。そして、脳腫瘍から認知症になる可能性もあります。

これは、脳に異常な細胞が増えてしまう症状です。転移性脳腫瘍と言って、他のがんが脳に転移してできるものと、脳組織そのものからできてしまう、原発性脳腫瘍の2種類があります。

前頭葉の左側にできてしまえば、認知症になる可能性が出てきます。言語障害などが起きることが特徴です。上記に挙げた症状は、治療ができるものなので、アルツハイマー型との違いを知っておくようにしましょう。

おむつ代も必要!そんな時には医療費控除もある

介護が必要になる高齢者であれば、おむつを使用することになる方もいらっしゃるかと思います。そうなると、必然的におむつ代がかかってくるようになります。介護には様々な費用がかかりますが、おむつ代も必要であることを把握しておかなければなりません。

大人が使うおむつに関しては、実は介護保険の対象になっていないのです。ただ、条件を満たしていれば医療費控除を受けることができるでしょう。確定申告をしっかりとすることで控除を受けることができるので、条件に当てはまる場合は、確定申告を済ませることが大事です。

条件というのは、介護を受ける本人もしくは本人と生計を1つにして暮らしている家族が、税金を納めていることが第一です。そして、日常生活をおくるうえで紙おむつが必要であると医師が認めている場合も当てはまります。

また、大体6か月以上継続して寝たきり状態になっていること、年間の合計で10万円か、年間でもらっている所得金額の5%を超える医療費を払っていることなどといった条件があります。

それではここで、おむつ代の医療費控除の申請の手順等について考えてみましょう。まず、病院などの医療機関で『おむつ使用証明書』を発行してもらうことが第一です。『おむつ使用証明書』が発行された日以降からおむつを購入するための代金が控除されるので、なるべく早めの申請が適しています。

『おむつ使用証明書』をもらったなら、その日よりおむつを購入した領収書はきちんと保管をしておくことが大事です。その領収書にも、おむつを使っている本人の氏名とおむつ代であることがわかりやすいように、商品の名称を書いてもらうようにしましょう。

確定申告をする際には、『おむつ使用証明書』と領収書を共に税務署に提出することになります。おむつ代の医療費控除を受ける場合は、2回目以降は『おむつ使用証明書』の代わりとして、『おむつ代の医療費控除にかかる確認証明書』や『主治医意見書の写し』などといった、自治体で発行してくれる書類で申請をすることも可能です。

詳細については、かかっている病院や住んでいる地域の税務署、自治体に問い合わせると良いでしょう。自治体によっては、ある程度の条件を満たした方であれば大人用のおむつを支給してくれる場合があることも知っておくと便利です。

サービスの有無については、自治体の高齢福祉課などに問い合わせる必要があります。おむつ代を医療控除で購入するなら、おむつの購入ポイントも知っておきましょう。まずは外側のおむつ等(テープで留めるタイプやパンツタイプがあります)から選ぶようにします。1人で歩けるかなどの身体の状態や、本人の好み、体型などを考慮することが大事です。

それから、先に選んだおむつ等に合うパッドを探します。男性用か女性用といった性別及び、昼用や夜用といった尿の量などから選ぶことが必要です。パッドはテープで留めるタイプのおむつとパンツタイプのものと異なりますので、注意をしましょう。

服薬管理を便利に!お薬カレンダーを利用することも一案

介護を受ける方が薬を服用することがあるかと思います。そして、その薬も1種類ではなく、何種類も飲まなくてはいけなくなることもあるでしょう。そうなれば、薬の管理をすることが大変になりますし、飲み忘れや飲み間違いが起こる可能性もあるのです。

飲んでいる薬の中にはとても重要であり、飲み忘れることで身体に影響を及ぼしてしまうものもあるかもしれません。そういった場合には、お薬カレンダーを活用してみてはいかがでしょうか。

お薬カレンダーを利用することで、薬を飲みたがらない場合や飲み忘れてしまう時にも、薬を積極的に飲むことができるのです。飲む習慣付けをすることにも役立つと言えます。そんなお薬カレンダーには壁掛けのタイプがあります。

スペースをあまりとらないという点も魅力です。例えば、2週間投薬カレンダーの1日4回分(1週間分のものもあります)と言うお薬カレンダーがあり、大変便利です。朝、昼、晩、寝る前と4回のタイミングに合わせてカレンダーのポケットに入れて分類をすることができる点が特徴です。

どの様に使うのかと言うと、通常は介護をしている家族などが薬を振り分けて入れることで、管理をすることが多いです。それでも、飲む際には介護を受けている高齢者が自分で出して飲むという方法が基本的です。

壁にかけると大き目で自然と目につきやすいことから、薬を飲むという行動自体を忘れてしまう心配も減らすことができるでしょう。薬の管理をする上でのポイントとしては、透明になっているポケット(商品によって異なることもあるかもしれません)にマジックを使って日付を書くという方法があります。

紙でできた通常のカレンダーの代わりになることから、日付の確認のためにお薬カレンダーに目がいくようになるということもあります。介護をする家族の方がいつも薬の管理をすることができるかという点で、お薬カレンダーを選ぶと良いです。

薬の管理をするなら、『くすり整理2週間ケース』というボックスタイプで仕分ける手段もあります。このタイプでは箱の中が飲むタイミング別に仕切りがされていて、その中に薬を分けて入れる方法となっています。

こちらの場合でも、介護をする家族などが薬を入れるなどといった管理をして、高齢者が自ら薬を出して飲むという仕組みになっています。こちらのタイプは、テーブルの上や棚の上など色々な場所に置いて使用できる点がメリットです。壁に壁掛けタイプをかけられない場合にも便利です。薬は何週間分かをもらってくることがありますが、2週間分以外を収納しておける引き出しが付いたものもありますので、使い方に合ったものを選ぶことも一案です。

お薬カレンダーを利用する際には、薬の処方に関しても気を付ける必要があります。薬は一つずつ整理をするとなると手間がかかってしまうものです。なので、できれば薬を処方してもらう際には、朝用、昼用というタイミング同士でセットを作ってもらい、分包にしてもらうことが良いです。

1 2 3 4 5 10