介護タクシーは利用方法がどうなっている?緊急の場合についても

介護タクシー、いわゆる通院等乗降介助は訪問介護に含まれるので、訪問介護サービスの事業所の中でも、通院等乗降介助を行っている業者を選んで契約をしなければいけません。タクシー会社以外であっても、通院等乗降介助に対応している業者がありますので、最近では選択肢が様々となっています。

契約が済んだ後には、通院の日時が決まったのなら、ケアマネージャーに対して希望の日時を利用する側が伝えます。利用者が事業所に直接依頼をすることには対応していません。しかし、利用者の事情次第では事業所側が担当しているケアマネージャーに依頼があったことの報告をすることもあります。

もしくは、対応してから実績として報告をすることもあるのです。その月の通院予定に沿い、計画通りに正しく介護タクシーを利用することが望ましいでしょう。介護タクシーは、緊急時に関しての設定はされていません。

ただ、救急車を呼ぶほどではない場合や、救急車のサイレンの音が気になってしまうなどといった事情がある場合には、介護タクシーが利用されることもあります。例としては、介護タクシーで緊急対応してもらったことによって、介護報酬の返還命令が出たということはありません。

契約の時には、骨折や急いで病院に行かなければいけない状態の場合には、救急車を呼ぶようにと言われることもあるでしょう。続いてはケアマネージャーが事業所に連絡をします。

訪問介護の調整役である、サービス提供の責任者が依頼を調整します。この頃では利用者の数も増えて、車椅子車両や寝台車両といった特殊車両を利用する方の数も増えています。なので、調整は簡単にはいかないこともあるでしょう。

調整後に、担当が可能であることがケアマネージャーに伝えられますが、もし希望の時間に訪問できない場合などには、利用者か家族と直接話しをすることになることもあります。通常は、予定の日時が来たら訪問、自宅において介助を受けた後に移送されます。

病院に着いたなら、乗車している分の料金をその場で支払うケースが多いです。支払い方法については、引き落としや集金でも対応してくれます。支払う額については、介護保険料が既に惹かれた分を支払います。

全額払ってから、後で戻ってくるというシステムにはなっていないということです。事業所側では、病院の中での介助もしてもらうことができ、終了及び帰りの際の確認の声掛けをしてもらえるでしょう。

受診が終了したのちのお迎えの依頼に関しては、事業所に利用者が直に介護利用者専用電話番号に電話をかけて依頼をすることになります。病院もしくは薬局の職員の方から依頼を受けることもあるので、利用者はフルネームで依頼をすることになっています。

事業所の中には、タクシー会社と介護タクシーの窓口が分けられていないケースもあるので、呼ばれて行ってみると、介護タクシーを利用される方だったということも起こり得るからです。

自宅に移送して介助終了後は、訪問介護サービス報告書に記入して、利用者に捺印もしくは記名することになります。

介護タクシーの料金体系についても把握しておくことも大事!

介護タクシーは、介護の中でも移送を伴うものです。 移送をすることについては、介護の対象とはならないか、介護保険料をタクシー代に充てることができないのです。そういったことから、移送料金、要するにタクシー代は利用者の自己負担となります。

今は地域によって料金形態も様々ありますが、タクシーのメーター金額の全額を利用者が負担するパターンもあるようですが、業者によっては割引対応をしている場合もあります。通院等乗降介助となる1割負担(大体100円ほど)で対応していた業者もあったようですが、介護保険の1割負担のみでの移送はあまり適切とは言えません。

ある地域のケースだと、小型タクシーの初乗り料金が1キロまで520円であり、それから294メートル毎に80円ずつ加算されるという仕組みになっています。通院等乗降介助の通常時間帯(午前8時から午後6時まで)での利用料金については、タクシーメーターが520~840ならば、タクシー料金は300円となり、介護保険の1割負担分の97円を加えた397円が、利用者が実際に支払う料金となります。

午前6時から午前8時までと、午後6時から午後10時までの夜や朝の時間帯は、タクシー料金が変わることはないものの、介護保険の1割負担額が121円になります。午後10時から午前6時までの深夜時間帯の設定もあります。

しかし、深夜というと緊急時とされて利用されることも少ないと考えられること、人員的なものもあり、介護タクシーが稼働する時間帯ではないとも言えます。そして、自宅での着替えなどといった通院準備に20分以上かかる場合には、介護度にもよるものの、身体介護の範疇となります。

身体介護についても、通常は通院等乗降介助の料金体系と同じです。介護保険1割負担が245円で介護保険料が2205円です。寝台車両の料金では、タクシーメーターが620円から1220円までなら、タクシー料金が1000円、介護保険の1割負担が490円、利用者の合計負担額は1490円になります。

タクシーメーターが1820円なら、タクシー料金は1580円、介護保険の1割負担が490円、利用者の合計負担額は2070円です。メーターが100円ずつ上がると自己負担額も100円ずつ上がるというシステムになっています。

メーターに関しては、日中であっても2割増しのメーターが使われます。サービスの内容は、身体介護が1人につき2人体制になり、移送する時間を除いた自宅での介護時間を20分必要とすることが前提となっています。

利用者合計負担額に加えて介護保険料の4410円が業者側の売上金となるということです。全国的に考えてみると、貸し切りである距離制運賃体制で営業を行っている業者が多いです。

あなたの周りのタクシー会社などでも、距離制運賃の体制をとっている業者があるかもしれません。例えば、初乗りで2キロまでは介護保険の1割負担を含んだ400円であり、15キロまでは500メートルごとに100円が加算されます。

15キロ以上の場合は、超えた部分について500メートルごとに100円が加算となります。

利用が便利!介護タクシーとはどんなものか

介護タクシーとは、介護保険を利用して乗るタクシー、もしくは車椅子や寝台のままで移動ができるタクシーのどちらかを指すとされています。ある地域では、介護保険を使ったタクシーで移送サービスをしてもらうことを、介護タクシーを呼ぶことがあるのです。

介護タクシーの業者側への問い合わせとしては、利用者から『介護タクシー』という文言が出ることがありますが、希望しているのが介護保険外となっている車椅子車両や寝台車両であることがあるので、業者は利用者の話をきちんと聞いた上での対応が必要になります。

介護保険以外となる車椅子車両は福祉タクシーと呼んで差別化を図ることができますが、その地域によって異なる呼び方もあるのが事実です。介護保険を使用したタクシーは介護保険タクシー、それ以外は介護タクシーと呼ぶ向きもあるということです。

ちなみに、介護タクシーというのは、訪問介護に分類される『通院等乗降介助』という制度に含まれることを覚えておきましょう。介護タクシーという制度があるというわけではないのです。

『通院等乗降介助』は、食事介助や清拭、排泄介助等を指す身体介護、そして生活援助となる掃除や料理などと同様に訪問介護と考えられています。通院するためにホームヘルパーが、自分が運転する車への乗り降りの手伝いをすることや、乗車前後の建物内への移動や建物に入ってからの移動について介助などを行うことになります。

1割ほどの自己負担の他に、別途料金が必要になることを覚えておくことが必要です。介護タクシーは、車いす車両や寝台車両だということに関係なく、セダン型の普通車両において通院準備や乗降時の介助などを含めています。

そういった介護行為をすることで、業者側は国から、被保険者は自治体から介護保険報酬を受け取ることができるようになっています。また、介護タクシーは移送料金、要するにタクシーとしての利用料金を安くすることができる仕組みというわけではありません。

それは、移送中は介護を行っているという対象にならないためです。ただ、ある程度の売り上げを見込むことができますので、利用者が少しでも負担を減らして介護タクシーを安心して利用できるようにと、業者側の考えによってタクシー代が割引になるケースもあるのです。

『通院等乗降介助』には、どの程度の時間利用するかという、明確な時間設定がありません。例え10分であっても30分だとしても、介護保険報酬は変わらないのです。地域差がありますが、通常であれば970円ほどとなっています。それでも、着替えや排せつ介助、食事介助、体位交換などといった通院前準備に多少時間を要したなら(20分ほど)、身体介護の範囲となることを覚えておきましょう。

ちなみに、物価によって配慮されるため、地域ごとで異なることがありますが、通常は2450円です。介護をするなら、こうしたことも覚えておくことが必要であることも、忘れてはいけません。

これまで仕事を頑張ってきたけど…定年後の認知症に注意しよう!

会社に勤めている方などは、定年によって退職をされる方が多いことでしょう。そして、定年後にはどの様に過ごそうかと考えている方もいらっしゃると思います。しかし、定年後というのは認知症になってしまう危険性があります。

脳の仕組みとして、右脳は感性や直観力等を司っていて、左脳に関しては論理能力を司っているとされています。脳の開発においては、右脳と左脳の両方をどの様にして全体的に働かせるかがカギとなっています。

ただ、右脳を働かせて感性を大事にして考え生きてきた方はボケにくいと言います。ということは、感性が欠けているタイプの方は認知症になってしまうリスクが高いということになるのです。

では、それは一体なぜなのでしょうか。認知症というのは、前頭前野という、記憶や感情をコントロールする部分が衰えてしまうことで発症することが多いです。右脳と左脳のどちらからも情報を得て働いてくれているのが、前頭前野です。

要するに、左脳から理論的かつ数値的なデータを得るだけでは、正常に動かないということなのです。そういったことから、右脳を動かさなければ前頭前野が衰えてしまうことに繋がります。

高度経済成長期を生きてきた方々が定年を迎える時期になってきていますが、そういった世代の方々は、感性が欠如されている方がいるのが現実です。特に男性においては、真っすぐに仕事に取り組んでこられた方ほどその様な傾向が見られます。

なので、余計に退職をして生きがいがなくなってしまうと、認知症の症状が現れ始めてしまうのです。ではここで、家庭においてどの程度左脳人間であるのかを探ってみましょう。ご自身もしくは家族の方にユーモアが感じられないということはないでしょうか。

そして、話が理屈っぽいということや、笑顔があまりない、生活のリズムが一定化しているといったことがあるでしょうか。地位や名誉などを自慢する節があり、それにしがみつくような感じが強く伺えるということも認知症になりやすい左脳人間の傾向です。

左脳人間であると判断された場合には、普段の生活習慣を見直すことが大事です。さらに、仕事に邁進してきた生活をも見直して、心を豊かにした生活をおくっていけるようにすることが大事です。

具体的には、テレビをいつまでも長い時間観ることを止めること。観る番組は前もって決めておき、それが終わったならテレビは消すことが1つの方法です。自分が没頭できる趣味を見つけてそれに打ち込むことも良いでしょう。

夕食を食べる際にも、食卓ではただ黙々と食べるのではなく、家族との会話を楽しみながら食べることもポイントです。海辺に行くことや公園まで散歩をするなど、自然の中に身を置くことも手段ではないでしょうか。

心に余裕のある生活をおくることで、認知症になるリスクを減らすことができるのではないでしょうか。認知症にならないためにも、余裕を持った生活をおくり、定年後の人生を楽しむことが大事です。

1 2 3 4 10