自力で排せつが可能な高齢者なら、なるべくならトイレに行って排せつをさせてあげるようにしたいものです。介護では、自身でできるなら自分でやってもらい、できないことのみを手伝うと言う点が基本となります。

それは、トイレの介助も同じなのです。トイレまで移動することを介助する場合には、寝室をトイレの近くにすること(本人や介助者の負担を軽くする目的)や手すりや杖、歩行器を使うことで、なるべく自身の力で歩いていくのです。

自身で移動するためには、手すりにつかまりながら歩くという方法があります。介助をするだけで歩いて行けるという方なら、トイレまでの道のりに手すりを付けておくと移動が円滑に行えるようになるでしょう。

自宅で転んでしまうことを防ぐために手すりを付けるなら、介護保険を工事代に適用させることができます。ちなみに、手すりはわざわざ壁に設置するのではなく、置くだけで大丈夫だという手軽なものもあります。

その場合もレンタルに介護保険を使うことができるのです。自宅の環境などにマッチしたものを選ぶことが大事と言えます。介護をする側は、隣に付き添い滑ってしまったり転ばないように確認をしつつ進んでいくようにします。

また、杖を使うと言う方法もあります。もし高齢者が片足に力を入れられないなら、杖と手すりを一緒に使うことが必要です。不自由な足の代わりに杖が活躍してくれますので、手すりに掴まりつつゆっくりと前に進むのです。

三点歩行と二点歩行というのが杖にはあるのですが、種類にもT字や三脚点に四脚点、ロフトストランドなどといったものがあります。これも介護保険を使ってレンタルをすることができるでしょう。

利用する杖は、体がどういった状態であるか、そして杖の使いやすさ、安定をするかなどをチェックして選ぶことが一案です。介護をする側は、杖を使って歩く高齢者の隣に付き添い、滑ってしまったり転ばないように見守ります。

杖のグリップ部分はいつの間にか摩耗してしまうことがあります。なので、介護をする人が常々確認をして、摩耗してきているなら交換をすることも必要です。高齢者の足が前になかなか出辛いなら、歩行器を使うことがおすすめです。

杖よりも安定する点がメリットです。体をぐるりと囲むような作りであり、立ったままの状態を保つことができますし、安定感もあります。それに、歩行器を持ち上げる動作で進む形式のものならば、上腕の筋肉も鍛えられるでしょう。

歩くことがままならないということや、不自由であると言う場合なら、トイレまで車いすを使うという方法をとることが考えられます。車いすは自走式と介助型があるものの、自分で排せつができるなら、車いすの操作も自分でできると考えられるので、トイレまで自分で車いすを使って移動をすることもできるのではないでしょうか。

車いすも介護保険を使ってレンタルをすることができますので、安価に利用することができる可能性もあるでしょう。自宅内で車いすを導入するなら、自宅の改修も必要になることも考えられることも覚えておきましょう。