高齢者の方は、自分でトイレに行くことができなくなってしまった場合には、おむつをする必要性が出てきます。そういったことから、その高齢者の介護を自宅ですることになる家族には、それが負担となってくるでしょう。

尿などを漏らしてしまっては困るということもあり、おむつを着けさせることにもなりますが、おむつをすることは高齢者にしてみると不快に感じられてしまうのです。よって、自らおむつを外してしまう方もいます。

失禁をした場合には、おむつが気持ち悪く感じられることがあります。そういったことでも外してしまうのですが、尿をしたわけでもないのに外してしまうと、介護をする側としては理由がわからないこともあります。

高齢者の中には、少なからずおむつをすること自体が嫌だと言う方がいます。高齢者とは言え、体の自由が利かなくなってしまったとしても、自尊心はあるということを忘れてはいけません。

よって、その自尊心があるからこそおむつを外すという行動に現れるのです。おむつを外させないようにしたいと考えるのは、あくまで介護をする側が考えていることと言えます。それに、おむつを高齢者の方に強制してしまうことは、高齢者にとっても失礼の範疇に入るでしょう。

そういったことから、高齢者の気持ちに寄り添うことも大事になります。それでもやはり、失禁というのは介護をする方にしてみれば負担となりストレスにもなってしまいかねないものです。

おむつを外してほしくないのであれば、おむつを反対に着けるというのはいかがでしょうか。おむつを着ける際に、いつもとは反対になるようにテープ部分が後ろになるようにするのです。

これで簡単に外すことが不可能になると言えます。また、おむつを着けた後にリハビリ用のパンツを履かせると言う方法も有効ではないでしょうか。リハビリ用のパンツを上に履かせることによって、パンツを脱ぐという動作が1つ加わり簡単におむつを外すことができなくなります。

また、手にミトンを着けさせるというのも手段の1つです。手が自由に使えなくなるために、おむつも外せなくなるのです。そして、衣類でも工夫をすることができます。もし上下で分かれているパジャマを着ているなら、1つになっているつなぎのパジャマに替えるというのも選択肢の1つです。そうすると、おむつを取りたくても取りにくくなるでしょう。

高齢者がおむつをすることに違和感を覚えているようなら、おむつの種類などを変えてみることも一案です。例えば、テープで止めるタイプではなくパンツタイプにすることも一案ですし、メーカーを変えるのも選択肢です。

それに、おむつは当て方がまずい場合やサイズが合っていないとそれも違和感に繋がるものです。もし自身でどうすれば良いのかわからないならば、専門家に相談をするという方法もあります。

介護は負担がかかるものなので、介護をする側も休める時間を持つことが大切です。そういった場合には夜間は訪問介護にお願いをすると言うパターンもあります。そうして、夜間にパッドやおむつを交換することを行ってもらうという方法があります。