高齢となり、あまり外出をしないという傾向になることもあります。そうなると家にばかりいるようになってしまい、生きることの意欲が薄らいでしまうことや、身体能力も低くなってしまうことも考えられるでしょう。

そして、認知機能にまで影響が出てくることもあるのです。気持ちとしては、外出がしたいと思っていたとしても、外に出てもすぐに座りたくなってしまうから…と外出をすることに消極的になってしまいます。

他の人が付き添ったとしても、すぐに座りたいと言ったり、それなのに座れる場所がないということでは、困ることもあるものです。では、なぜ高齢者はすぐに座りたいと言うのでしょうか。

これは、認知症であることもポイントになります。認知症が進んでいくと足腰まで弱ってしまうということがあります。認知症の進行を遅らせるためや、身体機能の維持のために散歩にこちらが誘ったとしても、なぜ出かけるのかという意味がわからないと、嫌がったりすることがあるでしょう。

それならば、花を観るために公園に行くということや、買い物に行くなどといった風に、なぜ行くのかという目的を先に伝えることで対処ができます。認知症であれば、痛くて座りたいのにそれを伝えることができないということもあり得ます。

座りたがる回数が多いと気づいたら、体調に変化はないか、いつの間にか怪我をしてしまってはいないかなどもチェックをすると良いです。健康の面で不安があることや、体力が衰えてきたと自身で感じることから、すぐに座りたがってしまうこともあります。

電車に乗る際などに座りたいと言うことも、この点が原因です。誰かが介助のために付き添うと、高齢者の不安もある程度払拭できることでしょう。体力面では、自宅において体操をするなどして段々と歩ける距離を増やしていくことや、速く歩けるようにするという手段もあります。

それでも、いきなり体力が落ちたと言う場合には注意をしなければいけません。病気などといった要因はないか、医師に相談をすることも大事です。歩いていて、座りたがる場合の対策としては、前もって散歩をする場所や外出する先に座れるポイントがあるかどうかを探しておくことが適しています。

もしかしたら、ベンチなどには座れないこともありますので、お尻に敷けるタオルなどの準備があると便利です。歩くなら、靴や服装も大きなポイントになります。靴は足に合うものが良いので、そうしたものを履くだけでも座りたがる回数を減らすことが可能になるでしょう。

服装についても動きやすいものを選ぶことが大事です。歩く際の疲れなどを減らすことができ、歩行の自立を促すならば福祉用具を使うこともうってつけです。オシャレな杖などを愛用することも一案ですし、シルバーカーを押して歩くことも楽に歩く一助となってくれるのではないでしょうか。

シルバーカーならば、疲れたらそのものに座ることができますし、大変に便利です。