在宅で介護をするとなると、おむつを使うシーンも出てくるでしょう。在宅で介護をしていく方なら、おむつをどの様にして着けるのかを知っておかなければいけません。大人が使うおむつには種類があり、着け方も種類によって違うのです。

そういったこともあるので、その種類を把握したうえでどのおむつを使うのかを決めることが先決です。おむつは、どの様な役割を果たしてくれるのかを知り適切に使うことが大事です。

外側のおむつと尿取りパッドを一緒に使うことによって、取り替える時にかかる負担も少なくなりますし、経済面としても負担を軽減することができます。外側にあるおむつは、足回りについている立体ギャザーが尿が漏れないように止めてくれています。

尿取りパッドについては、尿を吸収してくれるでしょう。おむつを重ねて使っている方は、尿が漏れてしまったと言うケースが少なくないので、こういったことは介護上の負担となってしまうものです。

おむつを誤った方法で使ってしまうと、尿が漏れてしまう危険性がありますし、介護をされる高齢者も不快になってしまいますし、介護をする側により負担となってしまうのです。ここで、一般的なテープタイプのおむつをどのようにして着けるのかを把握していきます。

まずはおむつを丹念に広げ、全体的に縦に引っ張りしわ伸ばしをします。段差があることで床ずれになってしまうことを防ぐためもあります。パッドを一緒に使うなら、広げたおむつの上に広げて重ねます。

パッドのギャザー部分とおむつのギャザー部分が合うようにする点がポイントです。横向きに寝かせておむつの中央のラインと背骨を合わせましょう。中央のラインがおむつにないなら、腰部分にあるギャザーを背骨に合わせます。

上にあるテープがウエスト部分になるように合わせるのです。それから、反対側のおむつを出してから続いて反対側を向かせます。おむつを半分ほど持ち徐々に上に引き上げます。力づくで引っ張ってしまうとテープが切れることがあります。なので、手を添えてから反対を向かせることが大事と言えます。

上を向いてもらい引き上げつつ、たるんでいる部分を伸ばしていきましょう。左右にあるテープが対称となっていることをチェックしたなら、上を向き仰向けで寝かせます。次にはパッドを取り付けます。

両サイドにギャザーが付いていますが、それをきっちり立たせて宛がいます。宛がったなら、左右に引っ張り広げます。この際には上に引っ張ることはNGです。パッドが宛てられたなら、テープタイプのおむつも鼠蹊部に入れるようにして宛てましょう。

上手にあたったならテープで止めます。下から順に止めていくことが大事なポイントとなります。上からだと股の部分に隙間を作ってしまうからです。中央のラインを中心にして、左右のテープが対称となっているかを最後にチェックをします。

フラットタイプの場合は、おむつカバーと共に使うことになります。ギャザーもないため自身でギャザーを作り横から尿が漏れることを防ぎます。