排せつの介助も、高齢者介護の中では大事なポイントとなるでしょう。排せつの介助をする際に気を付けるべき点は、まず高齢者のプライドを傷つけないようにするということです。

1人で排せつができないとは言え、誰でも他の人に下の世話をしてもらうとは快くはないと思います。それは介護をしてもらう相手が家族であっても同じかもしれません。恥ずかしいという気持ちもあるでしょうけれど、こうなってしまった自分自身が情けないなと思ってしまうのです。

なので、排せつの介助をするときには、なるべく高齢者のプライドを傷つけないように気を配ることが大事なのです。その中でも声掛けの言葉には十分注意をする必要があります。余計に急かしてしまうことや、じれったいからといって文句を言うことは避けましょう。

悪気はなくても、その言葉によって介護を受ける高齢者は大変なショックを受けてしまうことにもなり得るからです。それに介護をする側に楽さはあるとしても、自力で排せつができるならおむつを穿かせることは控えることが大事です。

必要であればパッドを用いることや、リハビリパンツを用いることが大事です。高齢者自身がなるべく自分で排せつができるようにするために、トイレ内の環境を作ってあげることも必要です。

手すりを付けることも一案ですし、トイレアームを置くなどの介護用リフォームをするのであれば、介護保険が適用となります。手すりを取り付けるなら、介護を受ける本人が立ち会って使いやすい位置に設置をするようにしましょう。

これまで浸かっていた便器に取り付けて使うことのできる、補高便座もしくは腰掛便座などは、条件が設定されてはいますが、介護保険の適用があります。もしご本人の手が不自由なのであれば、ロールではなくチリ紙のタイプとなっているトイレットペーパーの方が使い勝手が良いケースがあります。

その他にもウェットティッシュを置いておくと便利です。ご本人の下着についても、上げ下ろしのしやすいものを穿かせることがポイントです。それに、手元や足元が見やすいように、明るい照明に変えることも手段の1つです。

こうすることで、安全性が保てますし安心できます。トイレに頻繁に連れていくことは大変でしょう。そのため、なるべくトイレに行かなくても良いように、ということで水分を摂ることを減らすことは賢明ではありません。高齢者は身体の運動量は落ちるかもしれないでしょう。それでも、水分は尿や汗として排出されるものです。夏場の場合は特に気づかないでいたら、いつの間にか脱水症状になってしまっていたというケースも考えられます。

そういったことから、水分の摂取量についてはきちんと把握しておくことが大事と言えます。とは言え、利尿作用のあるコーヒーや緑茶などは適していません。年齢を重ねていくと、尿意や便意に気づきにくくなることがあります。

よって、出たくなって間際まで我慢してしまう方も少なくありません。そうなると失禁をしてしまうことがあるのです。なるべく頃合いを見てトイレに誘うことなどがポイントになります。