在宅介護をするにあたっては、衣類の着替えをさせることも大切になってきます。人というのは、寝ている間にも汗を多量にかいているものです。なので、着替えはこまめに行うようにして、清潔にしておくことが大事になります。

高齢者になると、運動をすることもあまりなくなってきます。そんな時にも着替えをするという行動は、高齢者にとっても十分リハビリになるのではないでしょうか。少しでも体を動かすことで、身体機能が衰えることを防ぐことにもなるでしょう。

着替えの際には、高齢者自身ができることは自分で行ってもらうことがポイントです。例えば、ボタンを留める作業などは自分でできるかもしれません。自分で行うことによって、手先をリハビリすることになりますし、脳にも好影響があるので、良いことではないでしょうか。

身体をあまり動かさないという高齢者にこそ、自身で行ってもらうべきなのです。また、介護では衣類の選び方も重要です。着替えの負担を軽減させるためには、着脱がしやすいものを選ぶようにします。

パジャマについては、余裕が見られるサイズを選び、伸縮性のあるものが適しています。通気性や吸湿性にも優れている木綿のものもうってつけです。肌着であれば、着脱が簡単である、マジック式ボタンになっているものもあります

パジャマにもマジックテープ式になっているものもありますし、ファスナータイプもあります。タッチホックのフルオープンタイプとなっています。下着については、排せつ物で汚れてしまうようになる可能性があります。

この頃では、介護用の下着があり着脱も簡単になってきていますが、こうしたものも本人がどういった状況であるかに合わせ、取り入れることも大切です。さらに、体位交換時に用いることのできる、体位を保持するグッズを使うと言う手段もあります。

そうすると、寝ている状態でも体位を保つことができますし、体が傾いてしまうことを抑えつつ着替えをさせることもなくなるので、円滑に作業をすることができるでしょう。例えば、クッションやパッド、枕などといったグッズが売られていますので、介護の際にうってつけです。

もし相手に麻痺があるなら、着せる際には麻痺がある方から行うことが大事であり、脱がせるときには麻痺のない方から行うようにします。『脱健着患』と言います。転倒を防ぐとしたら、椅子に座らせて着替えを行うなどといった気配りが必要です。ズボンの着脱に関しては、手すりに掴まらせるなどして、バランスをとることも大事です。着替える際には、寒さを感じない様に温度にも注意をしましょう。

高齢者は体温調節がなかなかできなくなってくるので、いきなり温度が変わったりすることで、体に良くない影響がでることもあるのです。室温は24度ほどにしておくことがベストではないでしょうか。

要介護認定を受けると、なかなか外出をする機会も減ってきます。ただ、それでもずっとパジャマなどで過ごすと生活にメリハリがありません。着替えをすることで気持ちもシャキっとすることがあるので、気持ちの面でもきちんと着替えをさせてあげましょう。