介護タクシーとは、介護保険を利用して乗るタクシー、もしくは車椅子や寝台のままで移動ができるタクシーのどちらかを指すとされています。ある地域では、介護保険を使ったタクシーで移送サービスをしてもらうことを、介護タクシーを呼ぶことがあるのです。

介護タクシーの業者側への問い合わせとしては、利用者から『介護タクシー』という文言が出ることがありますが、希望しているのが介護保険外となっている車椅子車両や寝台車両であることがあるので、業者は利用者の話をきちんと聞いた上での対応が必要になります。

介護保険以外となる車椅子車両は福祉タクシーと呼んで差別化を図ることができますが、その地域によって異なる呼び方もあるのが事実です。介護保険を使用したタクシーは介護保険タクシー、それ以外は介護タクシーと呼ぶ向きもあるということです。

ちなみに、介護タクシーというのは、訪問介護に分類される『通院等乗降介助』という制度に含まれることを覚えておきましょう。介護タクシーという制度があるというわけではないのです。

『通院等乗降介助』は、食事介助や清拭、排泄介助等を指す身体介護、そして生活援助となる掃除や料理などと同様に訪問介護と考えられています。通院するためにホームヘルパーが、自分が運転する車への乗り降りの手伝いをすることや、乗車前後の建物内への移動や建物に入ってからの移動について介助などを行うことになります。

1割ほどの自己負担の他に、別途料金が必要になることを覚えておくことが必要です。介護タクシーは、車いす車両や寝台車両だということに関係なく、セダン型の普通車両において通院準備や乗降時の介助などを含めています。

そういった介護行為をすることで、業者側は国から、被保険者は自治体から介護保険報酬を受け取ることができるようになっています。また、介護タクシーは移送料金、要するにタクシーとしての利用料金を安くすることができる仕組みというわけではありません。

それは、移送中は介護を行っているという対象にならないためです。ただ、ある程度の売り上げを見込むことができますので、利用者が少しでも負担を減らして介護タクシーを安心して利用できるようにと、業者側の考えによってタクシー代が割引になるケースもあるのです。

『通院等乗降介助』には、どの程度の時間利用するかという、明確な時間設定がありません。例え10分であっても30分だとしても、介護保険報酬は変わらないのです。地域差がありますが、通常であれば970円ほどとなっています。それでも、着替えや排せつ介助、食事介助、体位交換などといった通院前準備に多少時間を要したなら(20分ほど)、身体介護の範囲となることを覚えておきましょう。

ちなみに、物価によって配慮されるため、地域ごとで異なることがありますが、通常は2450円です。介護をするなら、こうしたことも覚えておくことが必要であることも、忘れてはいけません。