介護が必要になったときには、自分1人では抱え込むことが大変ですので、誰かの協力が必要になります。そんな時には、ケアマネージャーに頼るという方法があります。しかし、ケアマネージャーを頼みたいと思っても、どこに相談をすればよいのかわからないということもあるでしょう。

介護をすることになったら、まずは地域包括支援センターに相談をすることが大事です。この機関は、介護予防マネジメントなどや医療の向上などと言った事に関して様々に扱っています。

地域における高齢者福祉については、とても頼りがいのある機関でもあります。ケアマネージャーは地域包括支援センターに在籍しています。その他にも社会福祉士などがいますので、事例に合った人材が選ばれるということです。

ケアマネージャーは、介護が必要になった場合に、個別に相談に乗ってくれます。ケアマネージャーは、ケアプランを作成することやモニタリング、状況次第でのケアプランの見直し、利用者からの相談への対応などが業務内容です。

センターに相談することで、担当のケアマネージャーが1人決定します。それから、今の時点でどういった状況なのかということを確認して、これからの介護方針、介護プランなどといったものを、利用者やその家族ときちんと連絡を取り合いながら決めていくのです。

担当になってくれたケアマネージャーとの関係が良好なものであれば大丈夫なのですが、もしかしたら、相性などの面で合わないということもないとは限りません。中には利用者側の望むことを聞き入れてくれないことや、介護に関する方針が異なると、合わないということもでてくるものなのです。

関係性がうまくいかずに、それが利用者にも影響するようにもなるかもしれません。そういったことから、もしも担当のケアマネージャーと合わないなと感じたのなら、躊躇うことなく担当者の変更を希望することが大事です。

それでは、変更の希望はどこに申し出れば良いのかと言う点についてどこに相談するべきなのでしょうか。一度契約をしてしまったなら変更は不可能だと考えている方もいらっしゃいますが、ケアマネージャーは変更することができるのです。

変更の仕方については、ケアマネージャー本人か、在籍している居宅介護支援事業所に伝えましょう。それか、他の居宅介護支援事業所に相談をするという手段もあります。それ以外にも、地域包括支援センターや自治体の介護保険課に相談をすることも一案です。

ただ、いくら何でもケアマネージャー本人に言うことは躊躇われます。なので、最初はケアマネージャーが在籍している居宅介護支援事業所に相談することが一番ではないでしょうか。

ケアマネージャーを変更したとしても、現時点で受けている介護そのものは変更することなく、そのまま受け続けることができるので、安心です。介護というのは日々の生活に関わってくるものなので、希望がある場合にはしっかりと伝えることが必要です。