歩くことが少し不自由になってきたなら、杖を使うと言う手段があります。杖は体を支えてくれる役割を果たします。高齢者の足の長さほどであり、手で持つことに向いていると言えます。

多くは木製のものとなっていますが、象牙や金属でできているものもあります。この杖は、元は農具であったともされています。さて、杖にはどういった役割があるのでしょうか。まず、足は2本ありますが杖が3本目の足となってくれて、歩行を安定させることができます。

また、支える面が広くなる点もポイントです。杖をつくと面積が広くなるので、足を開いて立っている時よりもさらに安定させられるでしょう。杖には様々に種類があることも覚えておく必要があります。

まず、シャフトとグリップ部分が繋がっているのが、一本杖です。グリップには色々と種類がありますし、高級木材を使った品は一本杖であることが多いです。長く使っていくことができるでしょう。

折り畳みの杖は、シャフトが4つから5つほどに分かれています。このシャフト部分をゴム紐やワイヤなどを使い連結させて使う商品です。バッグなどに収納して持ち歩くことができますので、旅行にも適しています。

組み立てなども難しくないので安心です。ロフストランド杖は、杖の上部が握る部分の上まで伸びる設計になっていて、前腕カフが設けられているので、腕を通して固定できる杖です。

握り部分と前腕の2つの点で支えることになるので、腕の力が使えるものの握力が少ないと言う方にもうってつけの杖ではないでしょうか。半身麻痺や骨折している状態でも使用が可能となっています。

杖を選ぶとしたら、ポイントは軽さがあって丈夫なものを選択したいものです。杖が重くて安定しないというのであれば、痛みがあったり故障のある足を支えることはできないでしょう。

杖は軽くてしっかりとしたものが一番安心して使えるのです。また、長さも大事であり身長にマッチしたものを選ぶようにします。杖の長さが合っていなければ、使ったとしても安定しないために危険なのです。

どの長さが適しているかについては、専門ショップの方などに聞いてみることが良いと言えます。さらに握る部分であるグリップは、握りやすいものが適しています。大き目のものもあれば小さめのものもありますので、その人に合ったものを選ぶようにします。

選ぶ際には、使う本人が実際に握ってみることが大切でしょう。杖は福祉用具貸与の対象となっています。よって要支援1以上の方は1割の負担でレンタルをすることができます。レンタルをしたい場合には、地域包括センターもしくはケアマネージャーに相談をすることが大事です。

とは言え、全ての杖が福祉用具貸与の対象というわけではないということも知っておく必要があります。購入を検討されるなら、その前に対象となっているかどうかを確認してからにすることが一番ではないでしょうか。

価格帯も色々ありますので、バラエティに富んだ選択肢の中から選ぶことができるでしょう。