介護に必要な用具をレンタルすることができますが、どの様にして借りることができるのかを知らなければ困ってしまうでしょう。そこで、いざという時のために介護用具のレンタルの仕方について知っておくことが大事です。

介護用具は、要介護認定を受けていれば通常の1割負担のみでレンタルをすることができます。手すりやスロープ、歩行器などを借りられますし、要支援1及び2か要介護1であれば借りられないものの、車椅子やそれに付随する用品を借りることも可能です。

介護保険を利用してレンタルを受けることを『福祉用具貸与』と言いますが、これを利用する際の注意としては、都道府県の指定を受けた業者を選ばなかった場合には全額を負担しなければいけなくなることがありますので、注意が必要です。

最初に、地域包括支援センターもしくはケアマネージャーに相談をすることが先決です。もし入院をされているのなら、病院にいるソーシャルワーカーに相談をする方法もあります。

介護用のベッドや車椅子を使いたいということもあるでしょうけれど、要支援1か2、要介護1と認定されたというケースもあるかもしれません。また、『福祉用具貸与』で認められている用具ではないものを借りたい、非該当(自立)と認定された場合もあります。

そういったときには、要支援1か2、要介護1と認定されたなら、地域包括支援センターやケアマネージャーに相談をして、自治体の介護福祉課などに事情を話して頼むことも一案です。

場合によっては情報提供書や医師の診断書が必要になることもあるものの、もしかしたら特別に1割の負担のみでレンタルが可能になる場合もあります。また、全額負担となるものの、貸し出してくれる業者も中にはあるので、検討してみるのはいかがでしょうか。

介護用のベッドなどは、購入すると高額となるため、レンタルにするとコストとしても助かります。また、利用しやすいレンタル業者を見つけることができないとしても、中古でも問題なければリサイクルで介護用具を扱っている業者を選ぶことも1つの方法です。

介護用具は、できるなら新品を使用したいということもあるでしょう。そういった場合は、新品を自費で購入するとすれば商品がたくさん揃っているネットショップも選択肢です。一般的な介護用具のお店に比べるとリーズナブルな点も魅力です。

介護保険の対象となる品物だけではなく、様々な種類のものがあるので、こうしたところで選ぶことによっても、より介護がしやすくなるでしょう。歩行の補助ができる杖としては、四点杖だと月額150円から200円ほど、松葉杖でも同額でレンタルをすることができます。

そして、認知症で徘徊が心配される場合には、徘徊感知器を使用するという手があります。マットや赤外線センサーで認知症の方の徘徊を通知してくれる器具となります。月額400円から800円ほどでレンタル可能です。

『福祉用具貸与』には様々なアイテムや方法がありますので、介護の負担を減らすためにもご利用になってみてはいかがでしょうか。