高齢者を入浴させることも、介護では大事な要素です。入浴をするということは、高齢者にとって、熱過ぎないお湯につかることで副交感神経が優位になりリラックスできると言う効果があるのです。それに、普段痛くて動かせなかった部位についても、湯船での浮力で関節などを動かせるようになるでしょう。

高齢者を入浴させる際には、基本的には半身浴で行いましょう。全身浴だと、肩まで浸かることになりますが、心臓に負担が大きくかかってしまうので控えることが大事なのです。温度についても38度から40度程度が適温となります。

身体を洗う際には、介護している側が全部を洗うのではなく、できるだけやれる分は高齢者自身に洗ってもらうことがポイントです。高齢者に、自身で洗いたいという気持ちがある場合も同様であり、背中などといった洗いにくい部分だけ介助することも一案です。

それに、入浴をする際には前もって体調に不調がないかを確認し、異常がないことを確かめて入浴をするようにします。なので、入浴をする前には体温や脈拍、血圧を測るようにして正常であることがチェックできてから行うようにしましょう。入浴ではリラックスができるという利点もありますが、危険がないというわけではありません。

高齢者の入浴での危険性についてもしっかりと把握した上で入浴の介助をする必要があります。高齢者の入浴では、『ヒートショック』に一番気を付けなければいけません。これは暖かかった場所から突然寒い場所に移った場合に起きてしまいます。

急に温度が変わることで血圧も変化するために、死亡事故へと繋がってしまうことも考えられるのです。では、ヒートショックはどの様にして防止するべきなのでしょうか。それは、やはり浴室と脱衣所の温度を一定にするということです。

季節としては、特に冬期には気を付けることが大事です。入浴をする前に、浴室を温めておくなどといったことをしておくことも必要です。さらに、一番風呂も注意をしましょう。一番風呂に入るとすれば、まだ浴室が暖かくなっていないことが考えられますし、これがヒートショックに繋がるからです。

そして、浴室は床が滑りやすいのが特徴です。なので、転倒にも注意をすることが大事です。高齢者は身体のどこかが痛いということもあり得ます。浴室に移動をするとき、浴槽に入るときなどに身体が思ったように動かないことから、転倒してしまうパターンもあるのです。

高齢者は、強引に入浴させようとすると、かえって入浴をしたがらなくなってしまうことがあります。そういったことから、最初にお風呂への興味を抱かせることを目的として、高齢者がお風呂に入りたくなるような声掛けをしながらお風呂に誘うという方法が適しています。

お風呂場で利用できる、介護のための便利グッズもあります。取り付けが簡単な手すりや折り畳みがスピーディーに行えるひじ掛け付きの椅子、滑り止めの付いたシートなど、転倒防止などに役達ものがあるので、利用してみてはいか
がでしょうか。